カテゴリー: こじらせ女子脱出のヒント

ブロークン・イングリッシュ

ブロークン・イングリッシュ

「ブロークン・イングリッシュ」
~恋したいのに、恋が怖い?~

 

☆こんな人に
・恋愛したいけど「もう本当に愛せる人とは出会えないかも」
 と思ったりする30代以上のシングル

☆こんな時に
・恋愛に臆病になっている時
・もっと恋愛の可能性を広げたいと思う時

 

<出演>
パーカー・ポージー(ノラ)
メルヴィル・プポー(ジュリアン)
ドレア・デ・マッテオ(オードリー)

<監督>
ゾーイ・カサヴェテス

 

 

「人生は魔法のようには変わらない」
主人公のノラ(パーカー・ポージー)は、
そう思ってる30代シングル。
すっかり恋愛に臆病になってしまった女性。

ニューヨークでVIP担当の接客をする
バリバリのホテルウーマンだが、
Love Lifeはパッとせず、男と付き合っては失敗ばかり。

 

母親からも、結婚のことを心配され、
「この先の人生もずっと一人?」と内心不安を抱えている。

そんなある日、彼女の前に、
一人のフランス人男性ジュリアン(メルヴィル・プポー)が現れる・・・

 

久々にいい男と知り合い、
つい舞い上がってフライング。

 

そのくせ、ストレートな口説き文句には
素直に反応できず、鼻で笑ってしまう。

 

そんな自分を持て余すノラ。

 

この辺は、場数を踏んだ大人の女性ほど
共感というか、我が身を振り返ってドキッとしてしまうかも?

 

でも、ちょっぴりスレて見える行動とは裏腹に
心はプルプルと震えるくらい心細くて孤独。

 

底なし沼か砂漠にでも迷い込んだように
「もう心から愛し合える相手とは一生めぐり会えないかも・・・」
と不安に押しつぶされそうになる。

 

そんな目いっぱい「こじらせ女子」になってしまった
ヒロインが、たどり着いた出口とは・・・

 

現実に疲れて、いつの間にか、
恋愛にも、人生そのものにも期待しなくなってる
そんな、心のドアを閉めかけてる女性におすすめ!

 

人生は、いつも手探り。

 

だけど、諦めたら、出口は見つからない!

「怖くても、とにかく前に進んでみよう!」と思わせる1本。

そんな彼なら捨てちゃえば

そんな彼なら捨てちゃえば


「そんな彼なら捨てちゃえば?」
=原題:HE’S JUST NOT THAT INTO YOU

~恋愛パターンあなたはどのタイプ?~

 

☆ こんな人に
・ 「なんで私の恋愛うまくいかないの?」と悩んでる女性すべて
・楽しみながら恋愛パターンを学習したい人。

☆ こんな時に
・恋愛中、または、恋愛できない自分を客観視したい時。
・恋愛についての「あるある!」ネタで楽しみたい時。

 

<出演>
ベン・アフリック
ジェニファー・ア二ストン
ドリュー・バリモア
ジェニファー・コネリー
スカーレット・ヨハンソン
ジェニファー・コネリー
クリス・クリストファーソン

<監督>
ケン・クワビス

 

 

恋する乙女、いや乙女じゃなくても
誰かを好きになったことがあるなら、
きっと身に覚えがあるはず!

 

電話やメールを待って数分おきにチェックする。
相手の言動を深読みしてしまう。
傷つくのが怖くて冷めたふりをする。

 

どこにもあるような出会い。
どこにもいるような恋人たち。

 

「これって、私のこと?」
「これ、あの子じゃん!」
って、誰かに似てる登場人物たちが
繰り広げてくれる、恋のケーススタディ。

 

舞台は、アメリカ、メリーランド州ボルチモア。
さまざまな事情と個性を持つ9人の男女の恋模様が、
軽快なテンポで展開する。

 

ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、
ドリュー・バリモア、スカーレット・ヨハンソンと、
豪華者キャストが、男女の本音や勘違い、
恋愛観の違いを等身大に演じて見せてくれる。

 

「もしかすると、私、このパターン?」
と、思わず胸に手を当ててしまうかも!?

 

恋をしたくてたまらないけど、
男の言動に過剰に反応して、
いつも独り相撲になってしまう彼女。

 

運命の恋を求め、
体当たりの大胆な行動に出て
新しい一歩を踏み出す彼女。

 

結婚という枠の中で
変わってしまった自分を
夫という鏡を通して発見する彼女。

 

サイバーな世界に
出会いを求めて、生身の恋に
なかなかたどり着けない彼女。

 

そして、彼女たちの思いのままにならない
パートナーの男たち。

 

心の中で思いっきり
「そう、そう!ある、ある!」
と、うなづいてしまうシーンがいっぱい。

 

さあ、あなたは誰に感情移入するかな?
そして、どんなメッセージが心に響くんだろう?

 

まさに、ガールズトークの映画版!

 

電話が来ないー忙しいのよ
結婚しないー愛があれば関係ないわ
浮気してるー正直に打ち明けてくれたの
いいえー彼はあなたに気がないだけ  (作品サイトより)

そんな言葉にドキッとしたら、必見!

 

軽~く観られるけど、けっこう学習効果あり。
そして、やっぱり恋をしたくなる1本!

君に届け

君に届け

君に届け
~無垢なハートを思い出そう!~

 

☆こんな人に
・「誰かを大切に思う」純粋な気持を取り戻したい方。
・三浦春馬くんのファン。

☆こんな時に
・十代の頃のみずみずしい感性を思い出したいとき。
・親子で胸キュンの青春ものが観たいとき。

 

<出演>
多部未華子
三浦春馬
蓮佛美沙子
桐谷美玲

<監督>
熊澤尚人

<原作>
椎名軽穂

<脚本>
根津理香
熊澤尚人

 

 

「中学生の娘の付き添いで映画に行ったら
不覚にも、ちょっとウルっときた」
という涙もろいオヤジの話を聞いて
DVDを借りてみた。

 

そう、ティーンエイジャーに大人気の
『キミに届け』通称『キミトド』。

 

見た目が暗いことから「貞子」と呼ばれ
クラスになじめない爽子(多部未華子)が、
クラスの中心的な存在で人気者の
風早翔太(三浦春馬)と心を通わせることで、
次第に変わっていく・・・
という、いわばメンタル的シンデレラストーリー。

 

原作は、『別冊マーガレット』に掲載され
講談社漫画賞も受けた連載少女漫画。

 

単行本は12巻まで出た時点で
累計売上1400万部を超えたというから
まさに10代のハート鷲づかみ!?

 

小説やTVアニメにもなったので
見かけたことがある大人も多いかも。
原作もアニメも観てない私の感想は・・・
「三浦春馬ヤバイ!」
高校にこんな子いたらズル休みしなかったかも!

 

もちろん、春馬くん演じる風早翔太が
原作でも抜群に爽やかな男の子らしいから
キャスティングと役作りが相まってなんでしょうね。

 

友情も、恋愛も、不器用で、まっすぐで。
だからこそ、すべての想いが
宝物のように大切だったあの頃。

 

胸のずっとずっと奥に仕舞いこんだ十代の記憶が、
わらわらと甦えって、確かにちょっとだけウルッ♡
という大人も少なくないはず。

 

登場人物の誰に感情移入しちゃうかは
アナタの甘酸っぱい思い出次第かも知れません。

 

「最近、キレイな涙を流してない・・・」
という人には、カタルシス効果抜群。
 

 

恋愛映画というよりも、
みずみずしいハートの筋トレに役立ちそうな1本!

恋空

恋空

恋空(こいぞら)
~人は誰かを愛するために生まれて来る~

☆こんな人に
ピュアな愛にあこがれるティーンエイジャー
↑その頃を思い出したい人

☆こんな時に
ピュアな愛+過酷な運命もので泣きたいとき

<出演>
新垣結衣
三浦春馬
小出恵介
臼田あさ美
中村蒼
波瑠

<監督>
今井夏木

<脚本>
渡邊睦月

 

ヤバイです!このパターン。
分かっているのに、思わずウルウル( ;∀;)
涙腺のツボを
ガンガン押してくるタイプですね。

ティーンエイジャーの
ピュアな恋愛&過酷な運命。
『ロミオとジュリエット』しかり。
『世界の中心で愛を叫ぶ』しかり。

時代を超え、国境を超え、
人を変え、設定を変え、
何度も繰り返されてるパターンなのに、
やっぱりまんまとやられてしまう。

これは、もうラブストーリーの王道
というか定番ですね。

当時のティーンエイジャーなら
知らない人がいないくらい
人気を呼んだこの『恋空』。

原作は、2005年から発信された
美嘉のケータイ小説。

2006年には書籍化され、
2007年に映画化、
2008年にはドラマ化もされ、
若い女子たちのハートをかっさらった
大ヒット・ラブストーリー!

主演の新垣結衣ちゃん、
三浦春馬くんが、またキュート!
もちろん、小出恵介くん派も多いでしょう。

スートーリーに無理がある。
十代なのに性行動に問題あり。
と、批判、議論も
いっぱい呼んだようだけど、
まっ、そこは、フィクションですから・・・

若者の価値観は変わっても
人を愛する気持は昔も今も同じ。

ピュアなハートを思いださせてくれる1本!

ステイ・フレンズ 

ステイ・フレンズ 

ステイ・フレンズ 
~男と女、ホントに友達でいられる?~

 

☆こんな人に
恋愛が面倒くさくなってる人
ジャスティン・ティンバーレイクが好きな人

☆こんな時に
軽~いノリの男女の本音が聞きたいとき
ちょっとセクシーなラブコメが観たいとき

 

<出演>
ジャスティン・ティンバーレイク
ミラ・クニス

<監督>
ウィル・ブラック

 

「あなたに必要なのは、
○○○○フレンド?恋人?それとも、友達?」
予告編ビデオの問いかけに
ドキッとしたシングルは、多いかも知れない。

 

恋も、遊びも、仕事も、
いろいろめいっぱいやってると、
あるときフッと疲れちゃう。

 

「あ~、もう止めた!!」
そう、一番めんどうなのは、相手に翻弄され、
自分もグチャグチャになりかねない恋愛。

 

「しなくたって、生きてくのに困らないしィ~」
でも、やっぱり、しばらくすると・・・

 

「最近、チューさえご無沙汰…これでいいの?」
「あ~、こんな日は誰かにギューってして欲しい」
独りで頑張ってれば頑張ってるほど、
そう思うことだってあるはず。

 

この映画の主人公たちも、そんなシングルたち。

 

敏腕アート・ディレクターの
ディラン(ジャスティン・ティンバーレイク)と
有能な人材のヘッドハンティングをする
ジェイミー(ミラ・クニス)。
失恋したての二人が、
仕事で知り合うところから物語は始まる。

 

「めんどうな恋愛は、もうごめん!」
そう割り切った二人。

 

「Hなんてテニスみたいなもの」
だから、ベッドの中でも言いたい放題。
「ああして!」「こうして!」
「ちょっと待った!トイレに行きたいっ」
思わず爆笑、失笑シーンも!

 

笑って、共感して、ちょっぴり胸キュン。
男と女の本音全開ラブコメ!

 

「近頃、恋愛に腰が引けちゃって・・・」
という人には、とりあえずおすすめの1本!!